メールアドレス
パスワード
ウィログってなんだ!?

公開ウィログ

frame_header
伊藤弘一郎
この記事が表示される頃には私は・・・。
亡くなった人 伊藤弘一郎 さん
誕生日 1995/03/06
この記事が表示される頃には私はどうなっているんでしょうね。

このブログを見捨ててどこかに移転したというのであれば、何か知らせがあったことでしょうが、何も知らせがなくこの記事が表示された時にはもう、私はこの世にいることはないでしょう。

何で私は死んでしまったのでしょうか。オフ友ならわかってくれると思いますが、私とは何の関係もなく、このサイトになんとなくたどり着いた方にはわかることはないでしょう。

どうせ、自殺、事故・事件に巻き込まれたなどの理由でしょうね。または警察に逮捕されてブログが更新されないなど考えられます。いずれにせよ私はもうこの世にいないと思ってください。

私が死んで悲しんでくれるのはどうせどうぶつの森の住民と寧々さんだけですから心置きなくあの世に行くことができたでしょう。この世界はとても生きていてつらいものですからね。生前もこの世界に生きていてつらいと思うことはありました。

お世話になった人たちに謝辞でも。

生きていた中で最もお世話になったのは母でしょうか。しかし、母はこのブログをしらないと思うので誰か教えてあげてください。

あっ、これ、黄泉に渡航したことが前提ですww生きているとわかっているなら母に教えることは自重してください。

というよりかあまり書くことがありませんね。いえ、あまり書くと僕が悲しくなってしまうので書きたくありません。そうでしょう?お母さんもこの記事見て泣いちゃうかもしれませんからねww泣かないでくださいね。

父親は碌でもないやつでしたよ。約束は守らないし、酒と温泉に無駄に金を使ってくれる我が家の暴君です。でも結構いい人だとは思いました。

姉?シラネ。その辺で飢餓に苦しんで入院した後こっちに来ればいいよwwそしたら遊んであげるからさ。




とても短い文章ですみません。今週に文化祭が控えているというのに僕はなにをしているんでしょうか。
公開日:2013/08/07
伊藤弘一郎 さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ウィログ運営事務局一同

お悔やみの言葉

0件のお悔やみが寄せられています。

ログインするとコメントを残すことができます。